Programme

プログラム

Collateral Management Japan Forum | 2020年のプログラム

08:0008:45

受付

08:00 - 08:45

08:4508:50

会長による開会のご挨拶

08:45 - 08:50

08:5009:20

基調講演:規制当局の観点からの金利ベンチマーク

08:50 - 09:20

09:2010:10

パネルディスカッション:日本の担保管理規制と報告の現況について

09:20 - 10:10

パネルディスカッション:日本の担保管理規制と報告の現況について 

  • 当初証拠金(IM)ビッグバンのフェーズ5と6の実施に関して、日本の銀行とバイサイド企業はどれくらい準備をしているか? 
  • 最近の規制変更はIMフェーズ5と6を実施している日本企業にどんな影響を与えているか?
  • IMフェーズ5と6のマージン文書化とカストディアン手配に関する主要な焦点は何か?
  • IMフェーズ5と6の実施の最終段階における、プロジェクト管理に対する有益な戦略的ヒントと戦術とは何か?
  • 証券金融取引および市場参加者への影響
Shinichi Yoshiya

Executive Director, Legal & Compliance

Morgan Stanley MUFG Securities

Shinichi Yoshiya is an Executive Director in the Legal Division of Morgan Stanley. Mr. Yoshiya covers a broad range of complex cross-border financial regulatory matters and transactions for Morgan Stanley’s Japan and Asia Pacific region including OTC derivatives regulations of Japan, U.S. and EU, the Volcker Rule, Resolution Stay, MiFID2, Brexit, LIBOR and Basel 3 capital rules. Prior to joining Morgan Stanley, Mr. Yoshiya was an attorney at Davis Polk & Wardwell LLP advising on financial regulatory matters. Mr. Yoshiya has held academic appointments at Duke University Law School as Visiting Professor and currently teaches global financial regulations at Meiji University Law School. Duke University, Law School (LL.M.), Aoyama Gakuin University, Business School (M.B.A.), Sophia University (LL.B.). Mr. Yoshiya is admitted to the bar of the state of New York.

Yoshio Ogawa

Deputy General Manager

Nippon Life Insurance Company

Yoshio Ogawa is Deputy General Manager Legal Department and Securities Operations Department at Nippon Life Insurance Company. He is responsible for legal and regulatory issues relating to security transactions including OTC derivatives. 

10:1010:40

休憩

10:00 - 10:40

10:4011:30

パネルディスカッション:LIBOR移行 ― 知っておくべきこと

10:40 - 11:30

  • LIBORは2021年末までに正式に廃止されるが、これが日本の担保管理部門に意味することは何か? 
  • LIBOR廃止はいかに証拠金の支払に影響を与えるか?(更にポイントを削除/ポイントが必要)
  • 代替参照金利の採用を控え、日本とその他のアジア市場はいかにスムーズな移行を実現できるか? 
  • バイサイドと日本の銀行の準備態勢-どんな組織内の対策が実施されるか?
Ehara Masahiro

Managing director

Goldman Sachs

11:3012:20

パネルディスカッション:日本の銀行やバイサイド企業が直面するオペレーションとIMに関する課題を解決する

11:30 - 12:20

  • インソーシング vs アウトソーシング。日本の銀行とバイサイド銀行はどちらのオプションを検討するか?
  • 2020年9月までの施行。いかに日本の銀行とバイサイド銀行は期日までに準備をすることができるか?
  • IMエクスポージャー。多くの日本の銀行にはクオンツチームが存在せず、標準的なモデルを利用している。このためIMエクスポージャーに対して脆弱となる。この問題をいかに回避できるか? 
Go Oyama

Manager, Operational Planning Asset Services Planning Division

The Master Trust Bank of Japan

2006/April, Entered Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation.

2006/April, Seconded to The Master Trust Bank of Japan, Ltd.

Planning operation for securities settlement and compliance with derivative regulations in Japanese trust funds.

Sachiko Koike

Operations Division

Shinsei Bank

12:2012:40

プレゼンテーション:担保管理のためのオペレーションテクノロジー

12:20 - 12:40

  • 当初証拠金(IM)および変動証拠金(VM)  
  • CCPによる証拠金管理支援   
  • マージンコールの正当化のために電子プラットフォームを活用する 

12:4013:40

昼食

12:40 - 13:40

12:4013:40

プレゼンテーション:SIMMモデルとMVAモデルの採用

12:40 - 13:40

  • SIMMを活用するまでに管理モデルを準備する。この重要なステップをバイサイド企業と日本の銀行はいかに準備するのが最適か? 
  • 組織内モデル vs 標準モデル vs 標準スケジュール(グリッド)。どのモデルを日本の銀行、バイサイド企業、商用ユーザーは選択するか? 
  • IMエクスポージャー、計算・技術に関する負担を解決するソリューションを検討する 
  • ポートフォリオのライフタイムに対するIMコストの定量化のためにMVAを利用する 

14:0014:20

プレゼンテーション:国際的な観点からの日本のレポ市場の最近の動向

14:00 - 14:20

  • レポリスクを管理する手段としてのトータルリターンフューチャーズ(TRF)の活用
  • 証券金融取引規制(SFTR)および日本とアジアのレポ・証券金融市場に対する潜在的な影響

14:2014:40

パネルディスカッション:日本はいかにデジタル化と自動化を利用してグローバル市場と歩調をあわせるか

14:20 - 14:40

  • RPAとAIテクノロジーを活用して、オペレーション費用を削減する
  • 文書の標準化 ― グローバルカストディアンはいかにSTP方式とデジタル方式を利用して日本の銀行とバイサイド銀行を支援できるか? 
  • 支払指図とメッセージ自動化のためのマージン・トランジット・ユーティリティ(MTU) 
  • ブロックチェーンテクノロジーと、担保管理とIMドキュメンテーションのための台帳の作成。日本のプレイヤーはいかに外国のプレイヤーから学ぶことができるか?
Trevor Negus

Product Manager

SMARTSTREAM TECHNOLOGIES

Trevor has worked in Investment Banking for over 20 years, starting his career at Salomon Brothers working in Fixed Income Operations. This was followed by positions on the Equity Lending Desk and in Convertible Bond Sales. After a move to Deutsche Bank working on the Repo Trading Desk he moved into Collateral Management and has spent 15 years in this field. Initially heading up the Collateral New Business Team, he then moved on to manage the EMEA Margining Team responsible for OTC, Repo and FX Margining. Trevor then moved to the vendor side, joining Algorithmics in 2008. He has worked as an SME within Product Development, Strategy and PreSales for the last ten years for Algorithmics, IBM and now Smartstream. Trevor holds a Degree in Economics and Politics.

14:4015:10

休憩

14:40 - 15:10

15:1015:50

パネルディスカッション:CVAに関する資本要件の設定

15:10 - 15:50

  • 規制CVAと市場における慣習の間のダイバージェンスの欠落に対応する
  • CVAヘッジに対する不十分な認識-どんな影響があるか? 
  • 現在のCVAフレームワークに対する変更 ― 利用可能なオプションは何か? 

15:5016:00

閉会のご挨拶

15:50 - 16:00

16:0016:05

散会

16:00 - 16:05

09:0009:25

オンライン登録およびログイン

09:00 - 09:25

09:2509:30

会長による開会のご挨拶

08:45 - 08:50

09:3010:10

パネルディスカッション:日本の銀行やバイサイド企業が直面するオペレーションとIMに関する課題を解決する

11:30 - 12:20

  • インソーシング vs アウトソーシング。日本の銀行とバイサイド銀行はどちらのオプションを検討するか?
  • 2020年9月までの施行。いかに日本の銀行とバイサイド銀行は期日までに準備をすることができるか?
  • IMエクスポージャー。多くの日本の銀行にはクオンツチームが存在せず、標準的なモデルを利用している。このためIMエクスポージャーに対して脆弱となる。この問題をいかに回避できるか? 
Go Oyama

Manager, Operational Planning Asset Services Planning Division

The Master Trust Bank of Japan

2006/April, Entered Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation.

2006/April, Seconded to The Master Trust Bank of Japan, Ltd.

Planning operation for securities settlement and compliance with derivative regulations in Japanese trust funds.

Sachiko Koike

Operations Division

Shinsei Bank

10:1010:25

プレゼンテーション:担保管理のためのオペレーションテクニックの最適化

10:10 - 10:25

  • トライパーティー担保管理および分別
  •  現金と非現金資産の最大活用

10:2510:40

パネルスピーカーとのQ&A

10:25 - 10:40

10:4011:20

パネルディスカッション:新型コロナウイルス時代のIBOR移行

10:40 - 11:20

  • デリバティブ市場と現金市場に対するIBORの影響 ― 何が期待できるか?
  • バイサイドと日本の銀行の準備態勢 ― どんな内部対策が実施されるか?
  • 清算と会計に対する影響

11:2011:35

プレゼンテーション:XVAと次のレベル ― 精査

15:20 - 15:40

  • 集中型XVAデスクの長所と短所の比較 
  • XVAの仕様に関する主な課題 
  • 今後のXVAに関する変更 
  • さまざまなXVAデスクの設置方法
Satoshi Kumeta

Director, Financial Engineering Group Fixed Income, Currency and Commodities (FICC) Dept.

DAIWA SECURITIES

Satoshi Kumeta is Head of XVA in FICC, where he owns planning and development of XVA accounting and regulation such as FRTB-CVA, and management CVA hedge to control P&L as well. He belonged to model development division in MUFG Bank and Mitsubishi UFJ Securities as Quants for more than 10 years prior to joining Daiwa Securities, and responsible for model development of plain vanilla/exotic products mainly for commodity and interest rate. He also contributed to introduction of OIS discounting and CVA accounting. Satoshi has Bachelors and Masters in Mathematics from Tokyo Institute of Technology. 

11:3512:15

パネルディスカッション:日本の担保管理業界の展望

11:35 - 12:15

  • 2021年の証拠金規制フェーズ6。市場参加者が推測できることは何か? 
  • フェーズ5と6の施行プロセスを開始する銀行が増えるなか、グローバルカストディアンは増加する業務量をいかに最良の方法で管理できるか?  
  • 日本のカストディアンはどんな役割を果たすことができるか?
  • 今後12~24か月の市場トレンドと予測
Markus Georgi

Asia Head, Fixed Income Derivatives, Funding & Financing Sales

EUREX

Markus Georgi joined Eurex as the Head of the Hong Kong Representative Office in April 2013. Markus is responsible for Fixed Income, OTC Clearing and Repo/SecLending Sales and Business Development in Asia.

He has 18 years of experience in the financial industry. Markus started his career at Eurex Product Development in Frankfurt in 2001 and then moved to Chicago to take on a role as Lead Business Analyst at Eurex US. In 2008 Markus joined RTS Realtime Systems in Singapore as Head of Product Management for Asia Pacific where he was responsible for the regional trading support desks in Singapore and Australia. Early 2011 Markus moved to Newedge Financial Singapore, a brokerage firm, where he managed the PTG key accounts for Singapore and India. Markus holds a Master of Finance degree from the Technical University of Dresden, Germany.

12:1512:20

閉会のご挨拶

15:50 - 16:00

12:2012:25

バーチャルカンファレンスの閉会およびパネルスピーカーとのQ&A

12:20 - 12:25